歯周病を甘く見てるとヤバイよ

2016y09m30d_210107261

 

厚生労働省の調査によると

日本人の成人で歯周病になっている人の割合は8割と言われています。

 

8割ってヤバくないですか?

日本国民の成人ほとんど歯周病患者ですよ。

 

しかし歯周病と言っても実際に歯茎が腫れてたり

歯がグラついてないとあまり自覚がありません。

 

「毎日歯磨きしているし・・・私は大丈夫でしょ!」

 

ぐらいな気持ちでほとんどの方はいると思います。

 

でも私からすれば

「歯周病甘く見てるとヤバイよ?」

って感じですね。

 

なので自分の目に見える病気のサインが無くても

常に歯周病の危険性を意識していかないといけないと思います。

 

自分の歯茎が腫れてきて、歯がグラついてきてから

対策をしているようでは正直遅いです。

 

そうならないように普段から正しいケアをしていれば

歯周病にならない2割に余裕で入ることができます。

 

そこで歯周病になるとどんなリスクがあるのか?

また歯医者では教えてくれない歯周病対策について話していきたいと思います!

 

歯周病になることによる3つのリスク

 

歯周病になると口臭がしたり、歯がグラついてきたりなどの

口元よりも体に影響することのリスクが高いんです。

 

その中でも私が特に怖いと感じた3つをこれから紹介します。

 

①脳梗塞や心筋梗塞になる

②糖尿病が悪化しやすくなる

③妊婦の早産の可能性が4倍高くなる

 

では1つずつ説明していきますね!

 

①脳梗塞や心筋梗塞になる

 

歯周病菌は口内の毛細血管を伝って心臓まで行き弁に付着します。

 

そして心臓の弁の動きが悪くなり

血流に乱れが生じて血栓が出来やすくなります。

 

そして溜まった血栓が血流に乗って飛び

脳や心臓の血管に詰まり、脳梗塞や心筋梗塞が起こります。

 

「歯周病だから直接死に関わるような病気ではないな・・」

 

と安心しているところに

急にこのような病気が発症して運良く命が助かったとしても

体に半身麻痺などの後遺症が残ってしまったりします。

 

自分が歯周病になっている時点で

このような危険が身近にあることを認識しないといけないですね。

 

②糖尿病が悪化しやすくなる

 

よく歯周病の人は糖尿病になりやすくなると言われていますが

これは歯周病菌が体のインスリンの分泌を抑える働きがあるからです。

 

特に肥満気味の人は血糖値が高い傾向にあるので

ただでさえ糖尿病のリスクがあります。

 

そこに追い打ちをかけるように歯周病にかかってしまうと

糖尿病になるリスクが何倍にも増えます。

 

親の遺伝で糖尿病になりやすい人や

肥満の方は特に歯周病には気をつけないといけません。

 

特に糖尿病は一度なってしまうと一生付き合っていかなければいけない病気です。

 

「なってしまった・・」

 

からでは遅いんです。

 

また既に糖尿病にかかってしまっている人は

歯周病によってさらに病気が悪化する可能性があるので

普段の口内ケアを徹底しないといけません。

 

③妊婦の早産の可能性が4倍高くなる

 

これは多くの研究機関によって明らかにされている内容ですが

歯周病菌は子宮を収縮させる作用があるので

病状が重い人ほど早産になるリスクが高いです。

 

特に妊娠中は歯磨きをしていると気持ち悪くなったりして

普段の歯磨きが疎かになりがちになります。

 

なので妊娠中は歯周病になりやすいのです。

 

既に歯周病にかかっている人は出来れば

妊娠前には治療しておいたほうが安心できると思います。

 

「歯周病を子供に移したくない!」

 

という気持ちもあると思いますが

歯周病菌は血流に乗って体全体に回ってしまいます。

 

そして妊娠中に歯周病になると

少なからず子供にも歯周病菌が入った血液が循環してしまいます。

なので子供も歯周病になりやすい体質になってしまったりなどのリスクも出てきます。

 

また歯周病とそうでない人を比べたときに

そうでない人より歯周病を持った妊婦の方が早産になる確率が4倍も高いそうなんです。

 

口内ケアはお腹の赤ちゃんに直接関係ないように思えますが

早産や子供が歯周病になりやすくなる等のリスクがあります。

 

「子供の歯がボロボロで学校でイジメられた」

 

とかは母親としては絶対にあってほしくないですよね!

 

なので母親自身が歯周病対策をしていかないと

子供に苦労をさせることになってしまいます。

 

歯周病にならないようにするには?

 

歯周病にならないようにするには

 

「普段の歯磨きがとても大切です!」

 

・・・とか歯医者では言いますが歯磨きだけではダメなんです!

 

歯周病菌は歯周ポケット奥に潜んでおり

歯磨きでは歯周ポケットの奥の方には届きません。

 

歯磨きは歯の表面の汚れを綺麗にできるし

歯肉をマッサージすることにより、キュッとしまった歯茎を維持できます。

 

なので歯の健康に関してはまったく意味が無いということではないですが

「歯周病」に関しては歯磨きだけでは対策が出来ているとは言えないです。

 

大切なのはいかに「歯周ポケットの衛生管理ができるか?」といことなんです。

 

「でも歯磨きでは対策にならないなら歯科医院でクリーニングしてもらえばいいじゃないか!」

 

と思いますがそんなに歯医者に通えますか?って話なんです。

 

まず歯についた食べカスなどは24時間で歯垢になり

48時間で歯石になります。

 

歯医者でクリーニングしてもらっても自分でセルフケアができないと

たった2日で元の歯に戻ってしまうんです。

 

多少個人差はあると思いますが

そんな短期間の間に何回も歯医者に行けないですよ。

 

仕事でそんな頻繁に休みも取れないし

何回も通っていれば経済的な負担も大きくなります。

 

なので歯医者に依存するのではなく

自分のセルフケアによって歯周病対策をしていかないといけません!

 

私がおすすめしているのは自宅で簡単に歯周ポケットのケアができる

デントールという器具です。

 

長いブラシが歯周ポケットの汚れを掻き出してくれて

先端から酸素を含んだ水流が出るので

酸素に弱い歯周病菌に直接攻撃をすることができます。

 

口コミでも歯医者で歯周病と言われて抜歯を覚悟していたけれど

デントールで無事病状が回復したという声も多いです。

 

何回も歯医者にクリーニングに行くのは時間とお金を無駄に浪費してしまう可能性が高いです。

デントールで自宅で簡単にケアすれば余った時間を趣味や好きな事に使用することができるし

余計なお金を使う心配もありません。

 

妊婦さんだったら誰だって健康な我が子の成長を見守りたいですし

子供が成長する前に自分が心筋梗塞や脳梗塞で倒れてしまっては

どうしようもありません。

 

歯周病は早期発見、早期治療すればたいていは簡単に治ります。

 

自分や妊婦さんならお腹の赤ちゃんの為にも

セルフケアをしないといけませんね!

 

ちなみにデントールが気になる人は下記リンクをクリックすれば詳細が見れますよ。

 

デントールの詳細はこちらをクリック!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ