歯周病を治す薬なんて無いよ!

2016y09m27d_002151626

歯周病の治療というと一般的なのがスケーリングで

 

歯を歯茎の間に器具をねじ込んで歯石をガリガリ削ります。

 

 

で、歯周病の人はこの治療でほぼ出血しますし

 

歯石を削るときは麻酔はしないので結構痛いです。

 

 

「歯周病で歯肉が腫れて痛いのに、さらに器具を歯肉に突っ込まれて

 

さらに痛いです!」

 

 

また手術となると歯肉を切開しなきゃならないので当然痛いです。

 

麻酔もしますが部分麻酔なので緊張で痛みが強くなり

 

手術途中で麻酔を追加するなんてこともあります。

 

 

「もう全身麻酔で眠っている間に終わらせてくれー!!」

 

なんて思う人も多いはずです。

 

 

で施術後も腫れるので食事や歯みがきで気を使わないといけません。

 

 

そんな痛い思いをしなくて済む、薬を使って歯周病を治す方法が流行っていますが

 

私から言わせると・・

 

 

「歯周病は薬では治らんよ」って感じです。

 

 

薬での治療はあくまで補助

 

 

薬での作用は基本的に殺菌作用です。

 

 

治療方法は「歯周病の根源である歯周病菌を殺菌してから、歯石を取り歯周病を改善しましょう!」

 

という流れになります。

 

 

しかし誇大広告としか思えないものが多いし

 

「痛みが無い」というのがすごい魅力らしく

 

薬での治療を選択する人も増えているみたいですね。

 

 

仮に口の中を殺菌できたとしても

 

また歯石が溜まってきたら歯周病菌が増えますよね?

 

 

薬で殺菌できたとしてもまた歯石が溜まるのを改善できないと

 

何度やっても同じことです。

 

 

本当に歯周病菌を死滅させたいのなら

 

歯石が溜まらないような衛生環境を作るのが大切です。

 

 

歯周病治療において薬は

 

「あったらいいよね」程度で考えておいた方がいいです。

 

 

痛みがないのはとても魅力的ですが

 

薬では歯石が溜まるのを防ぐことは出来ないのです。

 

 

薬で歯周病菌を殺菌して歯石を取るよりか

 

歯周病菌のエサとなっている歯石を作らない努力をするほうがよっぽど効率的だと思います。

 

エサがなければ歯周病菌は生きられませんので。

 

 

薬を使い続けるリスク

 

歯周病治療の薬として有名なのがジスロマックです。

 

 

ジスロマックは殺菌作用がとても強いのがメリットですが

 

使い続けるリスクがあるんです。

 

 

最初は強い抗菌作用で歯周病菌はダメージを食らうのですが

 

ずっと使い続けていると歯周病菌が薬に対して耐性ができ

 

より強い歯周病菌となり症状が悪化するリスクがあります。

 

 

これを「リバウンド」と言います。

 

 

これはインフルエンザの予防注射と同じ原理です。

 

あれは弱いインフルエンザの菌を体内に入れて

 

体の免疫細胞に弱い刺激を与えてより病気に強い免疫細胞を作る方法です。

 

 

これと同じように歯周病菌に刺激を与えれば

 

より強い歯周病菌が作られてしまうんです。

 

 

仮に薬で歯周病を治療しようと思っているのなら

 

あまり何度も使用しないことをおすすめします。

 

 

「そもそも薬ので治療自体進めていませんが・・」

 

 

なので薬で歯周病を治そうということが

 

いかにリスクがあるか理解できますね。

 

 

結局はセルフケアするしかない

 

 

薬で歯周病菌を一時的に死滅させることができたとしても

 

歯周ポケットに歯石が溜まればまた歯周病菌は増えます。

 

 

「歯周病菌が増えたらまた薬を使えばいいや〜」

 

なんて思っていると先に説明したリバウンドのリスクがあります。

 

 

結局は薬で楽しようと思わないで

 

自宅でのセルフケアをきちんとやらないと歯周病と一生付き合っていくことになります。

 

 

楽をした先に良い未来なんて無いのです。

 

 

セルフケアと行っても患者さん自身が行えるのは歯磨き程度です。

 

 

「でも歯磨きを一生懸命やっているのに歯周病を改善できていない人が多いのが何故でしょう?」

 

 

歯周病菌はそもそも歯周ポケット深くにいるため

 

歯磨きではとても届かないのでケアが難しいのです。

 

 

まして歯周病でさらに深くなってしまった歯周ポケットなら

 

なおさら歯磨き程度ではケアできません。

 

 

私がおすすめしているのはデントールで

歯周ポケットの衛生管理を行う方法です。

 

 

デントールとは歯周病菌が苦手とする酸素を

 

水と一緒に歯周ポケットに送り込むことにより

 

歯周病菌を死滅させることが出来るんです。

 

 

歯周病は悪化してしまうと本当に抜歯しか選択肢が無くなってしまいます。

 

歯槽骨がある程度溶けてしまうともう何もできないというのが本音です。

 

 

歯槽骨が溶けてしまうと骨の厚みが確保できないので

 

インプラントなどの治療は難しく

 

入れ歯の選択しか無くなってしまいます。

 

 

一生入れ歯になる前に

 

正しい知識を身につけて正しい方法でセルフケアをしましょう!

 

 

こちらの記事で私が実際にデントールを使用した感想を紹介しています↓

 

実際にデントールを使った感想はこちら!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ