口臭で悩んだ人が一度は気になる! 歯科医院の「口臭外来」とは?

2016y09m30d_212453149

口臭の悩みは、なかなか人に相談できないものです。

とりあえず歯を一生懸命磨いてみる‼ っと……

自分で行う対策もありますが、口臭を治すための方法として

どんなことがあるでしょうか??

皆さん思い浮かべてみて下さい。

何をしても改善しなかった方、必見です!!

歯科医院や総合病院で開設している 「口臭外来」 を思いきって、

利用するという選択肢もあるのです。

口臭外来での口臭治療は、臭いの発生原因を追究して、それに応じた対策をしていきます。

どんな治療をしているのかあまり知られていないのではないでしょうか。

今回は、口臭外来での口臭治療のやり方をご紹介したいと思います。

口臭外来で行う口臭治療

  1. 口臭外来とは??

口臭外来は、歯科医院や総合病院に開設されています。

また、口臭だけを専門に扱い、単独で診療を行っている病院もあります。

口臭外来で行う治療は一般歯科と違い、保険が適応されない「自由診療」 で

機器などを使った高度な口臭の検査と診断を行ってくれる施設なのです。

一般歯科で虫歯や歯周病の治療をしても口臭が改善されない方は、何が原因で口臭が起きているか、一度調べてみるのもいいと思います。

  1. 口臭の原因を探って治療方針を決める

口臭外来では、口臭を治すために、まず臭いの原因を探ることから始めていきます。

その原因を突き止めることで、口臭治療の方針が決まります。

臭いの発生原因によって、対策も異なるため、原因が分かれば、後は医師が考えた治療方針で治療を進めてもらいましょう。

不快な口臭を改善できるあたなにぴったりな治療が見つかるはずですよ!!

. 口臭外来の治療の流れ

口臭治療は 「2ヶ月~3ヶ月」 の期間で改善を目指します。

口臭外来での治療の流れ

  1. 予約
  2. 診断(初診の場合) 27000+口臭ケア用品 1000円~9000
  3. 再診 14040

2~4週間の一度の割合で通院し、口臭が改善されたかどうかの再診を行います。

口臭治療の検査は初診時 「2時間~2時間半」 、再診時 「1時間~1時間半

掛かります。

費用は 「10万円程」 となります。

費用は私が知っている歯科での料金なので、参考までに‼

口臭は病気とみなされないため、病名がつきません。

そのため、保険が適用されないので、かなり高額となります。

口臭が治ってくれるなら、安いと思うか、高いと思うかは、あなた次第です‼

. 口臭治療の検査方法とは??

①口臭測定には以下のような機器を使用

オーラルクロマ

口臭には、三大要素となる 「硫化水素」 「メチルメルカプタン

「ジメチルサルファイド」に

分けられ、この3つを 「揮発性硫黄化合物」 と呼びます。

それぞれのガス濃度をこの機器で測定でき、針のないプラステック製の注射器の先の部分を加えて「1分間」口を閉じて採取を行います。

口腔のガスや吐いた息から口臭の有無を測定します。

採取した息は、上記のイラストのように 「オーラルクロマ」 に注入します。

MSハリメーター

揮発性硫黄化合物(VSC)のガス濃度をリアルタイムで測定できます。

それだけではなく、呼気臭(口から吐いた息)や鼻臭(鼻から息)もこの機器で測定

ブレストロン

揮発性硫黄化合物(VSC)を10億分の1g単位、45秒の速さで計測できる高性能の測定器。

上記のイラストのように、プラスチックのチューブで息を採取していきます。

BBチェッカー

口臭、呼気臭、鼻臭といった臭いの原因になるガスを測定でき、さらに人間の嗅覚に変換して感覚的なレベルで測定できるのが特徴。

インキュベーター

唾液を人間の体温と同じ温度にして、その臭いを嗅いで

自分の口臭を確認する機器

②口腔内検査

レントゲン検査

「虫歯」 「歯周病」 「歯並び」 「噛み合わせ」の有無を

レントゲンでチェックします。

口腔粘膜病や舌病があるかどうかも口腔内を直接見て、診断もします。

官能検査

医師が患者さんの呼気臭や口腔内の臭いを直接嗅いで測定していく方法。

自分の臭いが他者からどのように思われているのか、感覚的に判断します。

  1. 「舌診」 で舌をチェック

舌の色や形、乾燥具合や舌苔が付着していないかなどをチェックして、

口臭との関係性を診断します。

  1. 唾液検査

唾液は口腔内の 「酸」 を中和してくれる性質があるため、その力と分泌量を測定していきます。

虫歯菌、歯周病菌の数もチェックできます。

その際用いるのが、唾液リスクをテストする 「サリバテスト」です。

  1. 血液や尿検査

病的な口臭がないか確認。

検査結果によって、専門医院と連帯しながら口臭治療を行っていきます。

検査結果:4つの口臭の原因

検査後は、口臭の原因が何であったかが解明されます。

口臭の種類には以下のようなものがあります。

  1. 病的口臭 (口腔内の病気と身体の病気)
  2. 食べ物や飲み物、喫煙によって起こる口臭
  3. 生理的口臭
  4. 心理的口臭

口臭の種類とそれぞれの治療方法とは??

.病的口臭の治療方法

口臭の原因には、呼吸器や消化器官の異常などの身体の病気が原因で発生するものと、虫歯や歯周病といった口腔内の異常が引き起こす「病的口臭」があります。

病的口臭の9割は、口腔内環境の悪化によるものなので、歯科医院で治療してもらうことで口臭を治せます。

この場合は、保険治療になりますよ!!

身体の病気が原因であった場合は、各医療機関を利用して

治療を行っていきます。

歯科医院で治療する病気

歯周病の場合

歯周病は、歯垢が蓄積することで知らないうちに進行していきます。

歯垢は口腔内で蓄積すると口臭の原因になってしまいます。

さらに歯垢は48時間が経過すると歯石に変化し、歯垢の付着しやすい溜まり場になるのです。

治療方法

歯科衛生士が「PMTC」と呼ばれる手法で歯垢除去を行います。

専用の研磨剤を用いてクリーニングすることで、自分では落としきれない歯垢もきれいに取り除くことができますよ。

歯石を取り除くには 「SC」という方法が行われます。

歯科医院によっては、「マイクロスコープ」を使用して、取りづらい歯石を見やすくして除去しています。

普段除去しきれないところもくまなく見えて、驚くほど歯石が取れます。

私が働いていた歯科医院では、歯科衛生士が歯石除去した後、改善しない歯周病がある部位に、歯科医師がマイクロスコープを用いて歯石除去をしていました。それでも改善しない場合は、「フラップ手術」という根っこの奥深くに付着した歯石を除去する方法をとっていました。

虫歯の場合

虫歯も歯周病と同じく、歯垢が蓄積することで発生します。

歯垢の中に存在する「ミュータンス菌」と呼ばれる虫歯菌は、

食事の際の糖分を吸収して酸を発生させます。

これによって歯が溶かされ、虫歯になってしまうのです。

治療方法

虫歯の治療は、虫歯の部分を削り、プラスチックを流し込んで、固めたり

金属やセラミック製の詰め物や被せ物で対処します。

自分で鏡で見て、「黒くなっている」「穴が空いている」だけの虫歯ではなく

「詰め物の内側が黒くなる」という症状は、なかなか自分では気がつかない場所

詰め物の内側に細菌が繁殖してしまい、知らないうちに口臭の原因となってしまうことがあります。

その他の医療機関で治療する病気

・消化器、呼吸器疾患

・肝硬変

・糖尿病

・気管支疾患

「尿検査」で原因解明

口臭の原因になり得る身体の病気の有無を診断できます。

治療方法

口臭の原因が身体異常によるものであった場合

その病気を治せば口臭も治ります。

例えば……

胃の不快感や便秘気味なら、消化器官の異常で口臭が発生している

かもしれません。

肝硬変や肝がんといった重篤な病気が原因の場合は

その病気独特の臭いが発生します。

まずは、病気治すことからですね。

.食べ物や飲み物、喫煙によって起きる口臭の

治療方法

ニンニクやアルコールなど、食べ物や飲み物が原因で起こる口臭は

日頃の食生活の中で自ら気をつければ改善できますよね‼

禁煙の習慣がある方は、歯に付着したヤニを取るため歯科医院で「クリーニング」をしてもらいましょう。

ヤニが付いていると口臭の原因のひとつになりますからね。

. 「心理的口臭」の治療方法

心理的口臭とは、口臭がないにも関わらず 、あると思い込んでしまうことです。

これは、大きなストレスによる影響や精神的に不安定な状態が続いてしまう

ことで生じる「自臭症」と呼ばれる精神疾患です。

この症状を改善するには、歯医者さんによる「精神科」への通院を

促すアドバイスをしてあげることです。

まとめ

口臭は多くの原因があるためひとつの治療方法で解決できるものでは

ありません。

口臭外来では、多くの検査と治療方法を組み合わせながら

口臭を改善させていきます。

一般歯科では、治療が行えない専門機材が必用なため、

口臭でお悩みの

あなた……

ぜひ一度口臭外来に相談してみて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ