知ってビックリ!朝起きた時の口臭の原因4つとは?

2016y09m30d_211530492

 

朝起きた時や臭いが強いものを食べた後、口の臭いが気になることはありませんか?

口が臭くなってしまう原因とはどんなものがあるのでしょうか。

今回はそんな口臭が起こる原因と口臭の対策方法をご紹介します。

口臭とはそもそも何

口臭とは誰しもが持っているもので息を吐くときに、一緒に発せられる悪臭のことを言います。

マスクをした時に、自分の息が臭いと思ったことはありませんか?これが口臭なのです。

このような口臭が起こる原因は、生理的口臭・痛的口臭・外因的口臭・内因的口臭と大きく分けて4つの原因があります。

他人の口臭は気づくことが出来ますが、自分の口臭にはなかなか気づくことが出来ないという非常に厄介なものでもあるのです。

4つの口臭の原因と対策方法

2016y09m30d_211539372

 

生理的口臭

朝起きた時やお腹が減っている時、また無理なダイエットをしている時、他にも緊張している時などに唾液の分泌量が減ったことで起こる口臭のことを言います。

唾液の分泌が減ったことで歯や下など口の中のさまざまな細菌によって分解され、ガスが発生し口臭となるのです。

生理的口臭の対策方法は?

生理的口臭の場合、唾液が大事になります。

よく噛んで食事をし水をたくさん飲むことで唾液が分泌され、生理的口臭の対策をすることが出来ます。

また無理なダイエットはせずに、バランスのよい食事をするようにしましょう。

痛的口臭

虫歯や歯周病、胃炎や胃潰瘍、急性胃炎・慢性胃炎・十二指腸潰瘍などの胃の疾患によって起こる口臭です。

また、糖尿病でも起こることがあります。

痛的口臭の対策方法とは?

歯を清潔にすること、胃のトラブルを解消することが大事になります。

歯みがきをきちんとし、歯を清潔に保つようにしましょう。

胃のトラブルが原因で口臭が気になる方は、一度お医者さんに相談してみるのもいいかもしれません。

外因的口臭

にんにくやニラ、ネギや納豆など匂いの強い食材を食べた後やお酒を飲んだ後、タバコを吸った後に、起こるのが外因的口臭です。

にんにくやニラなど臭いの強い食材は、入っている悪臭成分が原因で口臭が起こります。

またお酒は利尿作用によって唾液の分泌量が減少されることで起こり、タバコはタールが口臭の原因とされています。

外因的口臭の対策方法とは?

外因的口臭は生理的口臭や痛的口臭とは違い、一時的なものだとされています。

対策方法は、食後やお酒を飲んだ後やタバコを吸った後に、歯みがきをすることや臭いの強い食材を取り過ぎないこと、緑茶や烏龍茶を飲んだり、ガムなどを食べたり、口臭グッツを使うことで改善することができます。

内因的口臭

ストレスなど精神的なものが原因で起こる口臭が、内因的口臭です。

検査をしても数値に以上はなく、他人には全然感じていなくても、自分には口臭があるのではないかと思ってしまうのです。

内因的口臭の対策方法とは?

精神的なものなので、誰にでも口臭はあるんだ!と理解することが大切になります。

まとめ

このように口臭にはさまざまな原因があります。

朝起きた時に口臭が気になり悩んでいる方、臭いの強い食材を食べ過ぎたりお酒・タバコを吸い過ぎたりしていませんか?

きちんと歯みがきをして口の中を清潔に保ち、水をたくさん飲むことを心がけましょう。

それでも改善しない場合は、病気の可能性があるかもしれません。

一度お医者さんに相談してみましょう。

口臭は誰にでもあるものです。意外と周りの人は気にしていないかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ