デントールとデントレックスを比較!その違いとは!?

2016y06m27d_230030061

デントールを購入と似たような商品で

「デントレックス」というものがあるんです。

 

その違いを色々とネットで調べてみたけど

なんかわかりにくい説明ばかりでよくわからない。

 

違いを理解しないままで購入してしまったら

「デントールかと思ったら間違ってデントレックスを買ってしまった・・」

なんてことになりたくないですよね?

 

しかもデントールは15.000円くらいする商品なので

間違って買ってしまって箱を開けてしまったりなんかしたら業者に

 

業者 「開封後の商品は返品できません(キッパリ)」

 

なんて言われしまったらもう悲しすぎますよね・・

そんなことにならないように

私がこのデントールとデントレックスの違いを説明したいと思います!

 

デントールとデントレックスの具体的な違いはこれ!

 

最初に違いを言ってしまうと

「ブラシが付いているかいないか」だけなんです!

 

デントールにはピストン型のブラシが付属で付いているんですが

デントレックスにはこの「ピストン型」のブラシは付いていません。

2016y06m27d_230036508

一応デントレックスにもブラシは付いているんですが「ピストン型」ではありません。

 

あくまでおまけだと思ってください。

 

簡単に図で説明しますと↓

 

2016y06m27d_230047824

 

という感じになるんですね!

 

なのでデントールにピストン型ブラスが付くと「デントール」になってしまうんです。

ということは・・・

 

「私は既にデントレックス持ってるよー!!」

 

という人はもう一台デントールを買う必要はなく

付属で付いているデントールブラスを買えば大丈夫です!

 

どっちか迷ったらデントールがおすすめ!

 

「でもデントールとデントレックスだとどっちが良いの!?」

 

と思ってしまうかもしれません。

 

価格で言えばデントレックスの方が5.000円ほど安いので

ついついそっちが魅力的に感じてしまうと思います。

 

しかし!!!

 

「私なら迷わずデントールをおすすめします」

 

これには明確な理由がありまして

デントレックスといは言わば「エアーフロス」と同じ効果なのです。

 

※エアーフロスとは先端から出る水流によって歯と歯の間の食べかすなどを

除去する器具です。

2016y10m11d_224652328

歯周病菌は歯と歯の間にいてもエアーフロスで除去はまだ可能ですが

「歯周ポケット」にいる歯周病菌はエアーフロスでは除去できません!

 

歯周ポケットは歯肉によって塞がれているので

ただ水流を当てても届かないんです。

 

なのでデントレックスでは歯周病予防としてはあまり効果を示してくれません・・

 

しかしデントールなら先端にピストン運動するブラシが付いていますので

これで歯肉をこじ開けて歯周ポケット奥に水流を当てることでできます!

 

またブラシの長さもあり歯周病で深くなってしまった歯周ポケットにも

十分届きます。

 

 

なので「デントレックス=エアーフロス」だと思ってください。

 

 

エアーフロス売っている業者では

「エアーフロスで歯周病予防できる!」

と言っていますが私からすれば

 

「それって歯と歯の間だけで歯周ポケットには効果無いよね?」

 

ってツッコミを入れたくなりますね!



なのでエアーフロスの効果しかないデントレックスよりも

 

歯周ポケットの歯周病菌を死滅させることができるデントールの方がおすすめなんです!

 

日本人の歯に対する意識が低すぎてヤバイ!

 

日本人の成人では約8割の人が歯周病と言われています。

2016y10m11d_224829254

引用元:http://harada-dc.com/perio-treatment.html

 

8割ですよ?8割!!!

自分の周りに人間ほぼ歯周病ということになります。

 

なんで日本がこのような状況になっているのかというと

日本人って外国よりもかなり「歯に対する意識」が低いんです。

 

例えばアメリカなんかの中流階級以上の家庭だと

ほとんどの人は子供のころに歯科矯正を行います。

 

アメリカ人は歯並びが悪いと

「あそこの家庭は子供に歯科矯正ができない貧乏な家」

と言われてしまうそうなんです。

 

これは海外で働いている知り合いの技工士さんから聞いた話です。

 

日本だと歯科矯正をする人って美意識が高い人ってイメージがありますよね?

でもアメリカだと子供のことに歯科矯正をしてあげるのがあたり前なんです。

もちろんあまり裕福でない家庭は歯科矯正なんてしてないですよ。

 

これと同じように歯周病やホワイトニングに関しても海外の方は意識が高いです。

 

「日本人って病気になってからじゃないと歯に関心が無いんだな」

 

って私も歯学生のときにアメリカでの海外研修に行って思いましたからね・・

 

歯周病になると死の危険性がある!

 

歯周病というと歯が抜けてしまう病気なので

 

「入れ歯になるくらいで死の危険性なんて大げさだな〜」

 

なんて思っているかと思いますが実は歯周病菌はあなたが思っているよりも

私達の体に悪影響を与えるんです!

 

それはズバリ「心筋梗塞や脳梗塞」です。

2016y10m11d_225123153

「え、なんで歯の病気なのに心筋梗塞!?」

 

と驚くと思いますが

 

歯周病菌は毛細血管を通って心臓まで行き

さらに全身に血管を通して回ってしまいます。

 

この歯周病菌には動脈硬化や心臓の弁の動きを悪くしてしまう作用があり

血管を収縮、また塞いでしまう危険性があります。

 

これは日本臨床歯周病学会でも発表されていることです。

 

また歯周病とそうでない人を比較したときに

歯周病になっている人の方が2.8倍も脳梗塞になりやすいということも発表されています。

 

おおげさかもしれませんが

「歯周病=死に直結する病気」と言ってもおかしくありません。

 

「歯周病なんてたいしたことないよ!」なんて思っている人が

急に心筋梗塞や脳梗塞で亡くなってしまったりするんですよ。

 

それはあなたにも可能性はゼロではないんです。

だって日本の成人の8割が歯周病なんですから!!

 

たかが歯周病と舐めていると後で痛い目に会うのは自分です。

今の内にデントールで正しい歯周病予防をしていきましょう。

 

taiken

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ