合コン初心者でも失敗しない!合コン成功例と3つの条件

私は31歳の長野在住の理容師です。

高校卒業後7年間東京で勤務して、実家の理容室を継いでいます。今まで参加した合コンの5割がSNSなどネット上からの呼びかけによる合コンです。残り5割が友達関係からの合コンです。SNSを利用した合コンは女性の参加者は東京在住で、男性の参加者は地方在住の理容師という形の合コンを何度も東京で行いました。SNSを使用して東京の女性とは、がんばって連絡を取り合ったのです。友達関係の合コンは地元長野で行い、参加者は理容師のみならず多種多様でした。

 

成功例にパターンはない!ビギナーズラックにもなりうる!

合コンの成功例とは、その時の参加者や合コンによって成功が何か変わってくると思います。私が幹事ならば、男性陣、女性陣共に楽しんでもらえれば私は成功だと思います。お持ち帰りを狙う、合コンの場合は当然お持ち帰りしなくては失敗かなと思います。私は合コンの幹事を過去何度も行ってきましたが、翌日、翌週以降も後遺症が出るほど皆、楽しめた!という合コンがあります。それは忘れもしない理容師修行時代の仲間と東京で初忘年会の時、私はSNS上で合コン相手を探して見事大成功を収めました

なぜ皆後遺症が出るほど喜んだかというと、SNS上での初の呼びかけ誰もくると思っていない大サプライズだったのです。

 

合コンなんてどうせ・・と思っていた男に起きた奇跡!

合コンで良かったと思う出来事!

私は合コンに何度も参加してきましたが、そのうち8割が幹事です。ここでは、合コンに参加した男性の一人が普段とは全く違う顔、違う話、違う行動をしたエピソードを少し話たいと思います。幹事の私にとって、参加した人が喜んでもらえることが合コンで良かったと思うことだからです。その人はAさんです。Aさんは合コンは初参加最初「どうせ合コンなんか、ろくな女来ない」と冷めていました。しかし、女性陣が登場し隣にはAさんにとってドストライクの子がやってきて、普段絶対にしない!、普段絶対しない会話!、普段絶対しない行動!を取ったのです。

これが、私にとって良かったことです。

 

仲良くなろうとした気づかいが大失敗になった例

合コンで反省してる出来事!

男性幹事の私にとって反省する出来事は、何と言っても選択した女性陣の失敗です。私は幹事ですので女性陣の一人と連絡を取り、他の女性を集めてもらうので他はどんな人が来るか分からない状態です。その時はこんな感じでした。飲み会会場に最初に男性陣5人が入り、席順は間に参加女性が入ってもらうように一人分ずつ空けていたのです。そして、女性陣登場。来た瞬間から、冷めた目付と冷めきった会話で注文しまくられる。当然席順は間に女性は座らず反対側に座る。

予定時間よりも早く終了金も払わず女性陣は店を後にしたのです。幹事の私にとっての最大の反省でした。

 

この3つの条件を意識して合コンを迎え撃て!

幹事の私にとって成功するための意識は、参加する男性陣に対して相手側の女性陣の選択です。飲み会会場や会話以上に、過去の経験上女性陣の選択が重要です。では、どんな女性陣の選択をするか!

1)合コン前から出来るだけ女性陣の把握をする ←これ、難しいですが重要です。

2)写メ等で写真交換をしておく ←当日の「えって」ことなくなると思います。

3)基本飲める女性を探す

こんな事を意識して、合コンを向かえれば成功の可能性が高まると思います。

 

うまく女性にアピールしたい男性にひと言「まず皆が楽しめる場に!」

合コンで上手くいかない男性へアドバイス!

前述でも述べましたが、合コンによって目的が違っています。楽しく飲めればいい合コン、ラインゲットまでの合コン、お持ち帰りを狙う合コン。この目的によって上手くいくいかないが、変わってきます。私の合コン経験で8割が幹事で、私の上手くいったというのは、皆が楽しんでくれた合コンです。そこでアドバイス!男性の服装、ヘアースタイルのチェックも重要かもしれませんが、それ以上に女性陣のメンバーがどのような人かが最重要です。

幹事の男性は、参加男性に合った参加女性を探すのが何よりもアドバイスです。