緊張しがちな男が合コンの自己紹介で失敗しないたった一つの方法

私は31歳の長野在住の理容師です。

高校卒業後7年間東京で勤務して、実家の理容室を継いでいます。今まで参加した合コンの5割がSNSなどネット上からの呼びかけによる合コンです。残り5割が友達関係からの合コンです。SNSを利用した合コンは女性の参加者は東京在住で、男性の参加者は地方在住の理容師という形の合コンを何度も東京で行いました。SNSを使用して東京の女性とは、がんばって連絡を取り合ったのです。友達関係の合コンは地元長野で行い、参加者は理容師のみならず多種多様でした。

 

偽装でスベった!初対面でやってはいけない自己紹介

合コンの自己紹介の多くは、入店して席が決まり料理と飲み物が用意された時多くは行われます。飲みだしてしまえば、賑やかになりますが自己紹介の時は皆静かになり初対面ということもあり緊張をします

2対2の合コンと5対5の合コンでは、同じ自己紹介でも少し意味が異なります。2対2ならば普通に、仕事と年齢をいうと思いますが、5対5の時にうけを狙い全く別の職業と偽った年齢を言ったことがありますが、何もうけず静まり返りました

 

変わった名前は女性にウケやすく得する!

嘘でも本当でも、その名前を言って良かった事は女性陣にうけたことです。

自己紹介終了後、女性陣から名前について質問されたり、話の話題になったりすると自然に打解けあい成功と言えます。大人数の合コン時に、うけ狙いで変わった名前を言ったら静まりかえっていた合コンが突然賑やかになり良かったこともあります。うその名前でも、その場の雰囲気を和やかにすれば最初は全く問題ないと思います。

 

女性メンバーに通用しない自己紹介のパターン

前述でも述べましたが、名前を言って後悔してることは女性陣にうけなかったことです。

当然後悔してる本人は、女性陣へのうけ狙いなので本名と違う名前と職業を言います。その場合の後悔とは、静まりかえって自己紹介が次の人へ行ってしまった事を言います。その展開になると、自己紹介後も少し話ずらくなったりもしてくるのです。多くはあんなうけ狙いしなければ良かったと反省します。参加女性のメンバーによってもかなり変わると思います。

 

ウケを狙った自己紹介はこんな時の合コンで使え!

何度も繰り返しになりますが、意識するのはどれだけ女性陣へ好感度を持ってもらえるか!うけ狙いならば、どれだけうけるか!それ二つが意識したポイントとなります。参加人数や参加した女性のタイプによって、意識するポイントを上手く使い分ける必要がありあす。2対2の合コン時には、うけ狙いはあまり良くなく、大人数の時の方が適してると思います。名前、職業、年齢がポイントです。

 

参加女性の情報を把握しておけば自己紹介で失敗しない!

これはどの合コンでも共通することで、自己紹介時にも必ず役に立つことです。

合コン参加女性の把握が悩みを打ち消してくれます。自己紹介で悩んでいる方は、相手女性陣がどのような仕事かどのような性格が分かりません。それが、幹事にまめな情報交換があると、その情報だけでも頭に入り参加女性陣に対しての有効な自己紹介が出来るはずです。

年齢をさば読むのがいいか、うけ狙いの名前がいいか、好感を持ってもらえる職業がいいか!こんな感じです。