疲れる…と合コンで感じてしまう時の原因と対処法

はじめまして、ボンジュールと申します。初心者マークのライターです、よろしくお願いします。トークが得意で多い時には週3で合コンに参加する無類の合コン好きの友人と、お人好しでよく人から合コンをセッティングしてくれと頼まれる損な役回りのベテラン幹事の友人に誘われ、OL、事務員、化粧部員、SE、薬剤師、エステティシャン、保育士、医者といろんな合コンを経験してきました。主な活動場所は都内や横浜エリアで、4対4や5対5の人数での合コンが最も多いです。

 

場も盛り上がらず疲れた挙句に上から目線で批評

以前に男性メンバーが人見知りの方ばかりで、あまり自分から話さない人達ばかりだったので、これ今日の合コン大丈夫か?と不安になり、私はいつも以上に話しを盛り上げ頑張ったのですが、誰も私の話に乗っかってトークを膨らませてくれる人がおらず、「へー」とただ聞いているだけで、私一人だけが必死になってもがき、でも結果的に盛り上がらずに終わった合コンでした。

合コンが終わり帰り際に今日の合コンの反省をしながら最寄りの駅に向かったんですが「ボンジュールさん、今日の合コンはいまいち盛り上がりませんでしたね」と言われて、内心、え?なんだ、そのちょっと上からモノを言う感じ。というか遠回しに俺の努力が足りないって言いたいのか?と思うとイライラが止まりませんでした。他力本願な人達ばかりの合コンはうんざりです。

 

最初は疲れるだけの合コンが人見知りな性格を変えた

私は元々人見知りな性格で、昔は人のことにあまり興味がなく、また人のことがあまり好きではなかったのですが、合コンを経験していくにつれてだんだん性格も変わってきました

人と話すことはけっこうエネルギー使い疲れますが、今では人と話すことがとても楽しいし、毎回合コン前には今日はどんな新しい出会いがあるんだろうとワクワクしています。人見知りで引っ込み思案な人や自分を変えてみたいと思う方はどんどん合コンに参加すべきだと思います。

 

最も疲れるのは空気を読めないメンバーの暴走

同じ高校の友人4人で久しぶりに飲んだ時に誰が言い出したのか「このメンバーで合コンしたくない?」と言い出したのがきっかけで4対4での合コンが実現しました。ただ一つ懸念であったのが、友人の内の1人、Aです。Aは我が道を行くタイプで人の意見には耳を傾けず、思ったことを何でも言ってしまう性格です。

合コンの時は頼むぞと心の中で祈っていましたが、合コンが始まって自己紹介が終わり、どんな異性がタイプかという話題になり、Aの番になると「自分は自分勝手な性格なのでそれを受け入れてくれる人じゃないと無理だ」と言い、いきなりド下ネタな自分の性癖の話をし始めて、女性陣はドン引きし、当然私達も、「うわあ…恐れていたことが起きた」と思い、みんなで話題を変えようとしますが、Aは話を続け、また話題を変えようとするがまたAがという風にループが続き、その後終始変な空気になりここからの挽回は無理だなと諦め、合コンは終わりました。後で思い返してみれば一番合コンがしたいと言っていたのがAだったと思いますが、それなら何故合コンであんな発言をしたのかが全く理解できませんでした。この件から一切Aを合コンに誘うことがなくなりました。

 

幹事は疲弊する前にヘルプを遠慮せず周りに求めよ

合コンに限らず仕事でも何でも自分で全てやろうと思わないことですね。やっぱり1人で全てをやろうとしても限界があるので、それをあれもこれもとやってしまうと自分が疲弊してしまう。

幹事をはじめてやった時は幹事の方がやっていたことを見よう見まねでやってみたのですが、なかなかうまくいかず困っていたんですが、途中で女性の方がドリンクのオーダーとか受け渡しとか私がやるよと言ってくれて、あー助かると思いました。合コンはお互いに協力し合ってやるのが一番良いですね。

 

最初から完璧は求めず合コンという環境に慣れること

合コン初心者の方は、はじめてのことばかりでどうしたらいいか分からないと思いますが、2、3度合コンを経験すればじきに慣れてくると思います。これから参加される方はできれば合コン慣れしている方や幹事の方の隣に座るのがよいと思います。そういう方の隣に座ることで、精神的にもいくらか安心できます。

それと、変に意気込んで合コンでドッカンドッカン笑いをとる!など高い目標を目指さなくてよいです。初心者の方は自分の自己紹介さえちゃんとできればひとまずはOKだと思います、まずは合コンという環境に慣れることを第一目標にしましょう、肩ひじ張らず気楽にいきましょう。