知っておきたい!歯周病の手術と費用について!

歯周病の治療というと歯磨きと歯石取り、重度なら歯を抜くっというイメージがありますが、歯周病にも歯を残すための外科的手術あります。

ネットで調べると手術(フラップ手術)の手順や費用は載っているけど、術後の痛みや経過はあまり載っていないようです。

歯周病治療の流れと手術について御紹介します。

.歯周病治療の基本的な流れ

1.歯周ポケット検査で深さと出血を確認する。

スクリーンショット(2016-07-31 23.34.50)

歯医者で「歯周病の検査をしますね。」っというのが、歯科衛生士が行う歯周ポケットを測ることです。自分で測ることは出来ません。

ポケット深針(プローブ)という器具で測ります。

歯周ポケットに何mm入るかで歯周病の進行度が分かります。

2.歯周病の治療の流れ

スクリーンショット(2016-07-31 23.35.14)

初診で問診を行い、歯周組織の検査を行います。

必要に応じて、レントゲン撮影やお口の写真の撮影があり、その情報をもとに病態を診断し、治療がスタートします。

3.歯周病の進行度と症状、治療法、費用

スクリーンショット(2016-07-31 23.35.43)

1.歯肉炎、軽度の歯周病(歯周ポケットの深さ1~4mm程度)

歯肉炎は歯肉が赤くなったり、腫れたりし、出血します。歯周ポケットは3mm以内。

軽度の歯周病は歯肉炎と症状が類似していて、歯周ポケットは4mm程度。出血がある場合は歯周病進行中。歯の動揺はなし。

スクリーンショット(2016-07-31 23.35.58)

[治療法]

患者さんはご自身の歯磨きをすることで、歯周病の原因である歯垢(プラーク)を取り除くことによって改善します。

歯医者では歯石除去を行うことで治癒または病状安定にまで回復できます。

1~2回歯周治療を行い(歯石の付着度合いで回数が変わる)症状が治ったかどうか検査(再評価)を1回行う程度の治療となります。

[費用]

保険治療 5000~10000円程度(3割負担)

自費治療 10000~50000円程度

2.中等度の歯周病(歯周ポケットの深さ 46mm以内)

スクリーンショット(2016-07-31 23.36.25)

中等度では歯肉炎症がおき、歯槽骨が破壊され、検査をすると出血することが多いです。炎症がおこっている部位は歯肉が下がって、歯が長くなったと感じる人も出てきます。

スクリーンショット(2016-07-31 23.36.43)

レントゲン診断では、歯槽骨の吸収が歯の根っこ全体の1/31/2程度まで達し、歯がグラグラと動揺し始めます。

[治療法]

患者さんには歯磨きと歯間ブラシで磨いてもらい、歯医者では歯の頭(歯冠)と浅い歯周ポケットに付着している歯石を12回で除去し、状態の確認(歯周検査)をします。

炎症や出血が治まってきたら、深い歯周ポケット部分の歯石を46回に分けて除去し、症状によっては、歯周外科治療を行い、再度歯周検査(再評価)を行う治療の流れとなります。

最低でも1ヶ月は治療にかかり、外科治療の場合は状態によって、36ヶ月はかかります。

[費用]

保険治療 500010000円程度 (3割負担)

外科手術 (1部位) 3000円程度 (3割負担)

自費治療 50000500000円程度

3.重度の歯周病 (歯周ポケットの深さ6mm以上)

スクリーンショット(2016-07-31 23.36.59)

重度では歯肉全体の炎症が進み、プラークや歯石の量も増えます。

スクリーンショット(2016-07-31 23.37.25)

レントゲン診断では歯槽骨の吸収が歯の根っこ全体の1/2以上になり、歯がグラグラと動き出し、病的に動くため、歯の移動が起こり歯並びが悪くなったり、噛みにくくなったりという自覚症状がやっと出てきます。

炎症がひどく歯周ポケットから膿が出たり、口がネバネバしたり、生臭い歯周病独特な口臭がします。

[治療法]

中等度の歯周病と同様です。

必要であれば噛み合わせの調整や虫歯や被せ物の治療となります。

最低でも3ヶ月は治療にかかります。

外科治療や虫歯、被せ物の治療した場合は、状態によって、6ヶ月~1年かかる場合もあります。

[費用]

保険治療 30000100000円程度 (3割負担)

外科治療 (1部位) 3000円程度(3割負担)

自費治療 20000030000000円程度

.基本的な歯周病治療で改善しない場合の外科手術

①歯周病の外科手術の目的

  • 基本的な歯周治療で取りきれない歯石除去
  • 腫れが引かない歯肉を除去
  • 歯の周囲にあるポケットを除去
  • 歯周病で溶けて凹凸になった骨の形を整え、歯磨きしやいように歯肉や粘膜を形成
  • 歯槽骨を移植または歯槽骨を人工的に再生

②歯肉剥離掻爬術(フラップ手術)

フラップ手術とは歯肉にメスを入れ、歯の根っこ(歯根)が見えるようにめくり上げ、徹底的に歯石や不良肉芽組織の除去を行う治療です。

処置時間は歯の本数にもよりますが、数本で12時間ぐらいです。

保険治療で行えます。

③歯肉切除術

歯肉切除術とは深くなった歯周ポケットを浅くするために歯肉を切除する方法です。

保険治療で行えます。

4.歯周組織再生療法(エムドゲイン、GTR、骨移植)

スクリーンショット(2016-07-31 23.37.51)

歯周組織再生療法とは歯周病で失われた骨を人工的に再生を促す治療法です。いくつか方法はありますが、代表的なものはエムドゲインとGTR法、骨移植です。

ほとんどの場合が自費治療です。

スクリーンショット(2016-08-01 0.07.20)

5.手術の術後

スクリーンショット(2016-08-01 0.07.35)

[術後のケア]

問題なければ1週間後くらいに抜糸と消毒。

翌日消毒になる場合も医院や歯肉の状態によってあります。

1週間はあまり歯ブラシは積極的には当てず、洗口液でのうがいになります。手術をしていない他の歯は通常通り歯ブラシが当てれます。

歯周パックというガムのようなものを包帯代わりに使用する場合もあるので、その時は歯間ブラシはできません。

食事制限もそれほど神経質になる必要はありませんが、さすがに手術当日の夜に飲み会で呑みまくるや激しい運動などは避けて下さいね。熱いお風呂にゆっくり浸かるのも避けて下さいね。

体が温まると血行が良くなり、出血しやすく、痛みもでやすいです。

[術後の痛み]

個人差はりますが、大抵は術後(もしくは術前)に飲む痛み止めと、プラス夜寝る前にもう一度飲むか飲まないかぐらいのことが多いですね。親知らずの抜歯よりも痛みや腫れもないです。

化膿止めも出されると思いますが、それは先生の指示通りに必ず飲んで下さいね。痛みがなくても化膿止めは飲みきって下さい。

そんなに痛みはないのですが、触ると抜糸後数日ぐらいは出血しやすいので、痛くない程度で歯磨きをして下さい。

最初はやわらかめの歯ブラシでの指導があり、数週間かけて元の歯磨きに戻っていきます。

*詳しくは担当の歯科衛生士か先生に確認してください。

[術後の経過]

スクリーンショット(2016-07-31 23.38.23)

外科手術は手術前よりも歯がグラグラするようになります。

数ヶ月かけて元通りになるというか、落ち着いていくのですが、元より揺れる方、元より揺れない方、そのあたりはケースバイケースですね。(揺れなくなることの方が多いです。)

揺れがひどくて噛めない方は、隣の歯と繋いで固定したり、

被せもの(ブリッジ)をして、動揺を和らげます。

スクリーンショット(2016-07-31 23.38.36)

歯肉も大分退縮して、歯が伸びた感じになり、伸びて出てきた歯(歯根)は非常に虫歯になりやすいので、歯磨きをしっかり当てて下さいね。

左上写真:歯根が黒くなっているところ、これが虫歯です。

.メインテナンス

歯周治療は治療したからと言って元に戻る病気ではありません。治療後は進行させないように維持していくことが大事です。

1、歯周治療の90%がプラークコントロール(ホームケア)

プラークコントロールとはご自身で歯ブラシやデンタルフロス歯間ブラシなどを使ってプラークを落とし、コントロールすることです。

2、プロフェッショナルケア

プロフェッショナルケアとは歯医者に行って、プロ(歯科衛生士)が普段落ちきれないプラークや歯石を機械や器具で除去することです。

3、メインテナンスの間隔

[毎月行った方がいい方]

・重度の歯周病で5mm以上の歯周ポケットが残っている方

・治療で歯周外科手術までした方

・糖尿病や骨粗鬆症などお体の状態で歯周病に影響のある方

・薬の影響で歯肉の腫れが強い方

・ご自身でプラークコントロールが苦手でプラークが残りやすい方

[34ヶ月の間隔]

・歯周ポケットが34mmでご自身のプラークコントロールが上手な方

・親知らずが残っていて部分的に歯周病のリスクが高い方

[6ヶ月の間隔]

・歯周ポケットが12mmでご自身のプラークコントロールが上手な方

[まとめ]

ホームケアプロフェッショナルケアがとても大切です!!

そして、ご自身に合った期間のメインテナンスをしてください。

歯医者では様々な治療方針があり、歯周病に力を入れている歯医者や虫歯、噛み合わせ、自費診療に力を入れている歯医者があります。自分に合った治療方針の歯医者を探し、歯科医と歯科衛生士、受付との相性もあると思いますが、きっとご自身に合った歯医者が見つかります。

ご自身の歯は自分で守るのです!!

よく噛める歯がたくさん残っていると、おいしい御飯が食べられ長生きにも繋がります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ