歯周病をレーザー治療することによる4つのメリット、3つのデメリット!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-11-23-45-55%ef%bc%89

あなたはきっと歯周病を治療したいと思っているでしょう。

今、40歳以上の80%の日本人が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病は日本人の「国民病」なんですね。

きっとあなたは

「歯周病を治したい、けどどんな治療があるのか分からない」

そう思っていることでしょう。

そこで今回あなたに紹介したいのが

最新治療法の「レーザー治療」

このレーザー治療は僕的にはかなりオススメなのですが、デメリットもあります。

ここではレーザー治療のメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

1.レーザー治療 4つのメリット

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-11-23-46-11%ef%bc%89

レーザー治療は歯周病を治療するのにオススメな方法です。

なぜオススメなのか?それには4つのメリットがあるからです。

【レーザー治療 4つのメリット】

1)痛みが少ない

2)出血がほとんどない

3)治療がはやい

4)安全性が高い

では11つ解説していきましょう。

1)痛みが少ない

レーザー光には強いエネルギーがあり「1000度」

を超える熱が発生します。

「えっ1000度!大丈夫なんそれ!?」

と思ったでしょう(笑)

大丈夫です。なぜならわずか1万分の3秒という一瞬にしてレーザー照射するからです。

しかも一瞬だけ照射するので「ほんのわずかな痛み

で済むんですね。

ちなみにどんな痛みかというと

シャープペンシルの芯で突かれたような瞬間的な痛みですね。

なので全然痛くないですよ。

2)出血がほとんどない

従来の歯周病治療になると、切開したり、ハクリしたり、縫合したりすることがあります。

当然麻酔をして治療をするので「痛み」はありませんが、出血は免れることができません。

しかし、レーザー治療は違います。

レーザー治療は「一瞬にして細菌を焼く」という治療になります。

歯周病菌を一瞬にして焼き、殺菌する治療なのです。

なので、切開したり、ハクリしたり、縫合したりすることがないでの

出血が少ないメリットがあります。

3)手術後の回復がはやい

従来の歯周病治療は麻酔をしてメスで切開し

併せて抗生物質の投与などを行います。

抗生物質の投与で痛みは無くなりますが、その後長期にわたる

ブラッシング指導、及び、段階的な歯石除去(場合によっては手術)が必要になります。

このように従来の治療は完治までに長い時間がかかります。

でもレーザー治療は違います。

レーザー治療は従来の治療に比べて治りがとてもはやいです。

レーザー治療は殺菌効果が高いため今まで難しかった歯の根っこの治療

歯周病の治療にも効果を発揮します。

傷や炎症を早く治す効果もあるため、治療期間の短縮にもつながるんですね。

4)安全性が高い

レーザー治療は妊婦の方や高血圧心臓病を患っている方でも

受けられる治療法です。

また、薬を飲むとか使うとかではないので

副作用

についても殆どないので安全面でも非常に優れている治療法です。

2.レーザー治療 3つのデメリット

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-11-23-46-27%ef%bc%89

さて、ここでデメリットも紹介しておきましょう。

これがレーザー治療のデメリットです。

【レーザー治療 3つのデメリット】

1)保険が使えない場合がある

2)レーザー治療を受けられるところが少ない

3)レーザー治療にも限界がある

では11つ解説していきましょう。

1)保険がつかえない場合がある

レーザー治療には保険がつかないものもあります。

保険が使えないレーザー治療が・・・

CO2レーザー治療

・半導体レーザー治療

Nd:YAGレーザー治療

この3つのレーザー治療です。

では保険が使える保険は・・・

Er:YAGレーザー

このレーザーであれば保険が適用されます。

なのでレーザー治療を受ける前には

歯医者さんときちんと相談をしましょう。

「保険が使えるレーザー治療を受けたいんです」

このようにはっきり意思表示しましょう。

はっきり意思表示せずに、高額なレーザー治療を勝手にされたしまった・・・

こんなことはないとは思いますが、はっきり意思表示はしましょう。

2)レーザー治療を受けられるところが少ない

これはレーザー治療機器がとても高額なため

設備投資できる歯医者が少ないので、結果レーザー治療を受けられるところが

少ないっということです。

しかし、大学病院のような歯科ならレーザー治療ができる設備が整っているでしょう。

といっても

「近くに歯科大学なんてないよ」

という人もいるでしょう。

そうなると、残念ながら近場の歯医者しか選択しはありません。

近場の歯医者でレーザー治療を受けるのなら、先ずは電話をして・・・

「レーザー治療が受けることができますか?」

と聞き確認してから歯医者にいったほうがいいでしょう。

レーザー治療はどこの歯医者にあるわけではないので注意しましょう。

3)レーザー治療にも限界がある

画期的なレーザー治療ですが

治療には限界があります。

「重度の歯周病」に対してレーザー治療は有効でありません。

レーザーを照射しても改善は一時的で再び再発することもあります。

なのですべての治療に有効ではないことがデメリットですね。

3.まとめ

レーザー治療のメリット、デメリットをまとめると・・・

・レーザー治療には4つのメリットがある

・【メリット1】痛みが少ない

・【メリット2】出血がほとんどない

・【メリット3】手術後の回復がはやい

・【メリット4】安全性が高い

・レーザー治療には3つのデメリットがある

・【デメリット1】保険がつかえない場合がある

・【デメリット2】レーザー治療を受けられるところが少ない

・【デメリット3】レーザー治療にも限界がある

以上です。

レーザー治療は画期的な治療法です。

保険が使えないレーザー治療もありますが使えるものもあります。

保険が使えるなら、是非受けてみてはどうでしょうか?

僕は従来の治療とレーザー治療を両方とも受けたのですが

レーザー治療はホントに全然痛くないし、切開したりすることもないので

従来のと比較すると、治療後の口の中の不快感がほとんとない感じですね。

あと治りがとっても早い感じがします。

従来だと治療後、何度も歯医者にいった記憶がありますね。

だけど、レーザー治療だと数回いった程度で終わりましたよ。

だから、時間がとっても節約できた感じですね(^-^)

あなたも試してみてはどうでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ