歯医者がデントールを勧めない理由は!?その効果が凄すぎる!

2016y06m28d_063504576

成人の8割が歯周病と言われている日本ですが
その原因は遺伝などありますが、大体は歯磨きがしっかりと出来ていなく歯石が溜まることなんです。

 

自分ではちゃんと磨けているつもりでも歯医者で確認してもらうと
「もうちょっと歯磨きがんばりましょうか^^」
なんてよく言われてしまうものです。

 

さらに歯医者で歯周病と診断されたときのショックは尋常ではないですよね。
口臭はひどくなるし、入れ歯になりたくないし
食事のときに歯が無いのを他人に見られる恐怖・・

 

そこで私がデントールのどんな効果で歯周病を改善することができたのかを紹介しています!

 

歯周病はいきなりやってくる!

2016y06m28d_063512664

 

 

歯医者に歯周病と診断されると
「ああ、もう私入れ歯なんだ」「口臭とかもひどくなるのかな」「歯が無い姿を他人に見られたくない」
などの悩みが出てくると思いますが私も実際に歯周病だったんですよね。

 

私は歯科技工士という仕事をしているのですが歯科医を一緒に仕事をするので
お休みも基本的に歯科医と同じ日になるんです。

 

なので「自分が歯医者に行けない!」という悩みがあるのです。

 

しかも歯医者がお休みでも自分が仕事がある日もあるし
場合によっては夜遅くまで仕事をする日もあったりするので生活が不規則になるので
歯磨きなどもだんだんと疎かになってきます。

 

そんな生活が何年も続いたある日、私はいつものように歯みがきをしていたら
歯肉から出血するようになり同時に赤く腫れるようになりました。

 

そこで自分と一緒に仕事をしている歯科医にちょっと診てもらうと
「あ~歯周病になってるね、まぁ症状は重くないからブラッシングでなんとかなるレベルかな」
と言われました。

 

正直ショックで言われた瞬間は頭が真っ白になり何も考えられませんでしたね・・

 

 

不規則な生活で自分では丁寧に歯磨きできているつもりでも
実際には歯周ポケットなどの細かいところまで磨けていないので歯石が溜まっていたようです。

 

どおりでマスクをしたときにちょっと口臭がするな~とは思っていたのですが
まさか自分が歯周病になるとは思いもしませんでしたね!

 

 

すぐに「抜歯」という歯医者は実は自分のため!?

2016y06m28d_063518481

 

 

私は歯科業界で働いているので歯医者の現状というものをよ~く知っています。

 

歯科医というとお金持ちというイメージを持たれることがよくありますが
実際には2極化していて「お金持ち歯医者」と「貧乏歯医者」に分かれます。

 

ちなみにも私が勤めているのは後者です・・

 

どうやったらお金持ち歯医者になれるかというと「自費治療」がどれくらい取れるか?
ということなんです。

 

正直日本の医療保険制度では歯医者は経営が成りたたないというのが本音で
単価が高い自費治療を頑張って患者さんに受けてもらわないといけません。

 

なので利益主義の歯医者に行くと「これは抜歯した方がいいですね」とよく言います。
(もちろん患者さんのために抜歯を選択する歯科医も知っています)

 

「歯医者も稼がないといけないから」と言われればそうなのですが
患者からすればまだ残せる可能性のある歯を抜歯するなんてたまったものではありません。

 

歯医者での治療で薬を貰えば一時的には歯周病の菌を抑えることはできますし
さらに歯石を取り除いてもらえればとりあえず悪化は防げます。

 

しかしそれは根本的な解決にはなりません。
最終的には患者さん自信が歯石が溜まらないように口内ケアできなければ
一生歯医者に通わないといけません。

 

しかも歯周病というのは早めに治さないといろんな問題が起こるのです!

 

 

歯周病は早めに治療しないと危険!?

2016y06m28d_063524587

 

 

歯周病になってしまって歯医者で診てもらっても
「とりあえず様子を見てみましょう」と言われることがありますがこれはあまりよくないです。

 

要は「歯のクリーニングだけやるからあとは自分で歯ブラシ頑張ってね」
という意味にとらえていいと思います。
まぁ歯医者もあまり利益にならない軽度の歯周病治療に時間をかけてるヒマはないですからね・・

 

しかし歯周病を長引かせても良いことなんて1つもありません!
(しいて言うなら痛い治療から一時的解放されるくらいですね)

 

なぜなら、歯周病が進行してしまうとその菌が体中を巡って
やがては他の臓器にも影響し
心臓、循環器疾患や糖尿病になる可能性もあるんです。

 

 

「歯周病&糖尿病のダブルパンチなんて誰もくらいたくありませんよね」

 

 

歯周病の治療は基本的にプラークコントロールで9割改善できます!
患者自身が歯ブラシでケア出来ればいいですが正直市販の歯ブラシでは歯周ポケットの奥まで
キレイに磨くことはほとんど不可能です。

 

かと言って歯医者で毎回クリーニングしてもらうにしても
「歯医者に毎回行くのが面倒くさい」「歯医者にあまりお金を使いたくない」と思ってしまいます。

 

しかしそんな悩みを「デントール」というものが解決してくれたんですよ。

 

 

デントール使ったら歯周病が治った話!

2016y06m28d_063532247

 

 

デントールなら歯周ポケット深くのプラークコントロールも容易にできるので
歯周病で弱ってしまった歯肉もしっかり元通りになります。

 

歯が抜ける心配や動揺も無くなるので
入れ歯で他人の目をいちいち気にする必要も無くなりますし
歯石も無いので他人と近くで話をしても口臭が気になりません。

 

食事は自分の歯で美味しく食べることができるし最高ですね!

 

デントールは実際に使ってみると音がうるさいんですが(コンプレッサーの音)
歯周ポケットの奥までブラシが届いてしっかりプラークを落としてくれます。

 

※デントールは歯垢(食べかすなど)は落とすことができますが
固まった歯石は落とすことができないので「歯医者で歯石を取ってもらってから」使用するようにしましょう。

 

最初は歯ぐきが赤く腫れていたのでよく出血していましたが
2週間くらい続けると徐々に減ってきました。

 

すると赤く腫れていた歯肉がだんだんと健康的なピンク色になってきて
腫れも引いてきて正常にもどりました。

 

今まで歯ブラシしただけで出血していたのがウソのようです・・

 

私の場合はそんな重度な歯周病では無かったので30日くらいで正常にもどりました。

しかも口臭もほとんど無くなったので嬉しいかぎりです!

 

デントールを使うと一石二鳥の効果があるんです!

2016y06m28d_063538961

 

 

デントールは歯周ポケットだけを清掃できるんですが
電動歯ブラシのフィリップスソニックケアーも同じく歯周ポケットを清掃できるんです。

 

しかし、フィリップスの場合は歯周ポケットが正常値の2~4mmの時には
プラークコントロールがしっかりと出来ていますが、歯周病である6~8mmの深い歯周ポケットにはあまり効果はありません。

 

デントールなら直径1mmのブラシが歯周ポケットの奥までしっかりと入りますし
さらに歯周ポケットに酸素を送り込むので同時に歯周病菌も死滅させることができます。

 

ブラシと水流でプラークを洗い流して、同時に酸素を送りこむことによって歯周病菌を死滅させる。
そんな一石二鳥な能力がデントールにはあるんです。

 

 

 

最初に言いましたが歯周病の9割はプラークコントロールで改善できます!

 

歯医者でいくら良い治療を受けたとしてもその後のケアがしっかりとできていないと
結局はまた歯周病になってお金と時間を浪費してしまうことになります。

 

※ちなみに重度の歯周病患者に行う骨を再生する手術があるのですが
保険が効かないので15~20万円くらいの費用が掛かります(医院によって価格は異なります)

 

歯医者に頼るだけでなく個人がしっかりと歯周病に対する知識を付けて
歯周病ケアをしていかなくてはいけませんね!

 

taiken

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ